トップページ Macで始めるDTV MacでTV録画 掲示板&ML 情報ひろば MacDTV.Search
MacDTV.com
スペーサーMacで始めるDTVへ矢印初級トップへ sitemap
   
枠 枠 枠

トップページ > Macで始めるDTV > 初級編(iMovieを中心に)> I章 ビデオの知識-初級編 > 1-1. ビデオの知識-初級編 >

枠 枠 枠
枠 枠 枠

2002.07.10初稿

2009.10.18改訂

枠 枠 枠
   
枠 枠 枠
枠 枠 枠
枠 枠 枠

[初級編]1-1-1. ビデオの表示.1
フレームサイズ・アスペクト比、フレームレート

TVやAV機器にしても、Mac(やPC)上のムービー再生にしても、このビデオ表示の仕組みは、かんたんにいうと"紙芝居"です。

例えば、何気なく見ているTVの表示も、"1秒間に約30枚の紙がめくられ続ける紙芝居"方式で描画されています。

紙芝居を構成する1枚1枚の「紙」のことをフレーム(frame)といいます。

フレームのサイズ

フレームサイズ

フレームサイズとは、フレームの大きさ、つまり、フレームが縦横何ピクセルで構成されているか、ということです。

AV機器でのフレームサイズ

TV放送やビデオカメラなどのAV機器では、フレームサイズには、大きく2種類があります。SDビデオ(標準精細ビデオ)とHDビデオ(高精細ビデオ)です。

SDビデオの代表的なフレームサイズは720×480等、HDビデオの代表的なフレームサイズは1920×1080です。これらをベースにしたバリエーションもあります。詳しくは、[基本編] ビデオの表示で述べます。

Macでのフレームサイズ

一方、Mac(やPC)でビデオファイルを再生する際には、基本的に、フレームサイズは任意です。

もちろん、TV放送やビデオカメラから持ってきたビデオファイルなら、SDビデオかHDビデオのことでしょう。一方で、Mac上で1から作成するのであれば(例えばCGアニメーション等)、SD/HDビデオ以外のフレームサイズで作成することも可能です。このように、Mac上で再生する限りにおいては、フレームサイズは任意です。

とはいえ、DTV編集後、TVで表示したい場合は、あまり奇抜なフレームサイズでは困りますが。

アスペクト比

アスペクト比とは、ビデオフレームの「横と縦の比率」のことです。

AV機器でのアスペクト比

例えば、TV放送でも、地上波アナログ放送と、地上波デジタル放送では、TVに見たとき、ワイドさ(横広さ)が違いますよね。地上波アナログ放送のアスペクト比は4:3、地上波デジタル放送では16:9なのです。

このように、AV機器でのアスペクト比は、4:3か16:9しかありません。

Macでのアスペクト比

一方、Mac(やPC)でビデオファイルを再生する際には、フレームサイズと同様アスペクト比も自由に選べます。4:3か16:9でなくてもかまいません。デジタルカメラで縦持ちで撮影した時の写真のように、縦長のムービーを作ることだって可能です。

とはいえ、DTV編集後TVで表示したい場合は、アスペクト比はAV機器でのアスペクト比にあわせて、4:3か16:9にしとかないとあとで困ります。あるいは、iPod/iPhone用なら3:2ですが。

フレームレート

「紙芝居をめくる速度」のことをフレームレートと呼びます。その単位はfps(frame per seconds)です。

AV機器のフレームレート

"A/Vビデオ"の場合、日米のTV放送やAV機器では、1秒当たり約30枚、正確には29.97フレーム、という猛スピードで紙芝居をめくってます。日本のTV放送は、アナログ放送でもデジタル放送でも29.97fps(frame per secoond。1秒当たりのフレーム数)です。

ご参考 地上波デジタルのワンセグ放送は、約15fpsです。地上波デジタル放送よりも、紙芝居の速度はちょうど半分。

なお、AV機器の場合、インターレース表示されており、1フレームは2フィールドから構成されています。詳しくは、[中級編] ビデオの表示 -プログレッシブ表示とインターレース表示 で解説します。

Macでのフレームレート

一方、Mac(やPC)で再生するビデオファイルに関しては、基本的に、様々なフレームレートのビデオを再生できます。

なお、映画(というかフィルム)の場合は、24fps(正確には23.98fps)に相当します。

 

- 前のページにもどる -

枠 枠 枠
枠 枠 枠
枠

入門編

枠
枠

ビデオフォーマットを知る

枠
枠

初級編

枠
枠

この記事です。

枠
枠

基本編

枠
枠

ビデオの表示 - SDビデオとHDビデオ

枠
枠

中級編

枠
枠

ビデオの表示 - インターレース表示とプログレッシブ表示

枠
枠 枠 枠
枠 枠 枠

前の記事

前の記事

この記事

次の記事

次の記事

ビデオの知識 [初級編]

[初級編] ビデオの表示 .1
フレームサイズとアスペクト比、フレームレート

[初級編] ビデオの表示 .2
表示領域とオーバースキャン


関連記事

[ 入門編 ] ビデオフォーマットを知る

[ 初級編 ] [初級編]1-1-1. ビデオの表示.1 フレームサイズとアスペクト比、フレームレート  ←この記事です。

[ 基本編 ] ビデオの表示 - SDビデオとHDビデオ

[ 中級編 ] ビデオの表示 - インターレース表示とプログレッシブ表示


[ 初級編 ]の目次

リニューアル前の[初級編]カバーストーリー iMovieとiDVDでDVD-Video作りはこちら。

枠 枠 枠
枠 枠 枠

現在地

トップページ > Macで始めるDTV > 初級編(iMovieを中心に)> I章 ビデオの知識-初級編 > 1-1. ビデオの知識-初級編 >

この記事のタイトル

[初級編] 1-1-1. ビデオの表示.1 フレームサイズとアスペクト比、フレームレート

この記事のURL

http://www.macdtv.com/GuideToDTV/beginners/01-01-1-FrameSize.html

更新履歴

2002.07.10 初稿を公開しました。

2005.10.23 大幅改訂し、[ビデオの基礎知識]編として公開しました。

2009.10.18 Macで始めるDTVのリニューアルに伴い、全面改訂を行いました。

枠 枠 枠
5261087