トップページ Macで始めるDTV MacでTV録画 掲示板&ML 情報ひろば MacDTV.Search
MacDTV.com
スペーサーMacで始めるDTVへ矢印初級トップへ sitemap
   
枠 枠 枠

トップページ > Macで始めるDTV > 初級編(iMovieを中心に)>

枠 枠 枠
枠 枠 枠

2010.10.23初稿
2009.08.28改訂

枠 枠 枠
   
枠 枠 枠

AVCHDビデオカメラ/SD MPEGビデオカメラ等で
撮影したデータのバックアップコピーをiMovieを使って取る

AVCHDビデオカメラから取り込みをするときは、まず、MacとビデオカメラとをUSB接続し、ビデオカメラの電源を入れビデオ再生モード(メーカによっては、PC接続モード)に切り替え、iMovieを起動します。あとは、iMovie上で取り込み操作を行ってください。

テープに収録するビデオカメラ(DVカメラやHDVカメラ)ならば、撮影したビデオテープそのものをバックアップとして保存しつつ、Macにも取り込んで編集対象とする、といったように、2系統に分けておくことで、万が一の事故の際にも、撮影したビデオは失うことはありません。編集中にMacのHDDが壊れても、テープにも保存してあるので(そこまで編集した内容は失われてしまいますが)再度編集し直すこともできます。

ところが、AVCHDビデオカメラ/SD MPEGビデオカメラ等のように、メモリーカードや内蔵HDDに収録するタイプのビデオカメラの場合はどうでしょう。
メモリーカードはまだまだ高価。撮影したら、Macに持ってきて、その後メモリーカードを初期化して再利用するのが一般的。HDDにしても、容量の点でも、また、万が一のHDDクラッシュを考えても、永久保管に使用することはできず、遅かれ早かれ、Macに取り込んだ後、オリジナルのビデオデータは消去せざるをえません。

このようなことを考えると、のように、メモリーカードや内蔵HDDに収録するタイプのAVCHDビデオカメラ/SD MPEGビデオカメラ等の場合は、万が一の事故に備えて、バックアップコピーを保存しておくべきです。

DVD収録タイプのビデオカメラならば、DVDメディアは安価なので、撮影したDVDそのものをバックアップとして保存しつつ、Macにも取り込んで編集対象とする、といったように、2系統に分けておけばよいでしょうが。

 

このようなバックアップを取るのに、iMovieのアーカイブ機能が便利です。こうして保存したアーカイブは、Final Cut ExpressやFinal Cut Proでも利用可能なので、iMovieユーザのみならず、Final Cut Express/Final Cut Proユーザにも、お勧めしたいやりかたです。

 

Macとの接続、ビデオカメラ側の準備

まず、MacとビデオカメラとをUSB接続します。その後、ビデオカメラの電源を入れ、ビデオ再生モードに切り替えます。このあと、iMovieを起動します。

撮影したメモリカードを、メモリーカードリーダーを使って読み込むこともできます。MacとメモリーカードリーダーとをUSB接続し、メモリーカードをリーダーに挿入すると、デスクトップ上にメモリーカードボリュームがマウントされますが無視して、iMovieを起動してください。

注意点については、[AVCHDビデオカメラからの取り込み]の[Macとの接続、ビデオカメラ側の準備]を参照してください。

iMovie上での操作

iMovieを起動すると、iMovieがメディアを自動認識し、[読み込み]ウインドウが開きます。

Camera Import Button開かない場合、[カメラの読み込み]ボタンを押してください。

そして、AVCHDビデオカメラに収録されている、すべてのクリップ(シーンのこと)が閲覧できます。

AVCHD読み込み

これらのアーカイブボタンを押すと、保存ダイアログが表示されますので、保存場所を指定します。

すべてをアーカイブ

アーカイブを保存

枠 枠 枠
枠 枠 枠

- 前のページにもどる -

枠 枠 枠
枠 枠 枠

現在地

トップページ > Macで始めるDTV > 初級編(iMovieを中心に)>

この記事のタイトル

[初級編] AVCHDビデオカメラ/SD MPEGビデオカメラ等で撮影したデータのバックアップコピーをiMovieを使って取る

この記事のURL

http://www.macdtv.com/iMovie/beginners/02-02-Capture_Archive.html

更新履歴

2009.08.28 初稿を公開しました。

枠 枠 枠
5194448